<   2008年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

キラキラ。

f0025533_7254830.jpg














いつもより早く目が覚めて庭を見てたら、
きのうより確実に大きくなってるギボウシの葉に、
朝露が光ってました。
[PR]
by miyoshimasako | 2008-04-28 07:25 | イトシイものたち。

「見てないんですか?」

コンタクトレンズを作りに行った眼科で、言われました。

私「ワンディをつけてたのですが、すぐに乾燥してしまうんです」
先生「目薬はさしてますか?」
私「いえ。それは、普通、つけるものなんですか?!
    お医者さまにも言われたことないですけど。」 
先生「テレビ、見てないんですか? CMたくさんやってるでしょ。
        目が乾いたらさしましょう、って。医者が言うまでもなく。」
私「いえ、あの、テレビは見てますけれど、そういったCMは気が付きませんでした・・・」

見ていて見てなかったんです。
そういうことが、結構多いです。
興味のあるものは掘り下げられるだけ掘り下げるし、
その話題が語られるとほかの作業をしていても耳がキャッチするのに、
興味のないものはたとえばそれが眼前をゆらゆらしてても、
気が付かない。

見る、ってどういうことなのか、きく、ってどういうことなのか、
見える、ってどういうことなのか、きこえる、ってどういうことなのか、
考えてしまいました、久しぶりに。

CMを見るまでもなく、薬局で早速購入しました。
でも、気にしてみると、目薬のCM、結構あってびっくりです。
みんなも、眼、乾いてるのね。
[PR]
by miyoshimasako | 2008-04-24 18:56

モディリアーニの気持ち。

今朝の新日曜美術館はモディリアーニの特集。

晩年、ルノワールに
「君は絵を描いていて楽しいか」
と聞かれたそう。
16歳で結核にかかって、ずっと死と隣り合わせで生きてきた彼が、
絵を描く、ということは、きっと
好きとか楽しいとかいうものとは多分違っていて、
描かずには呼吸ができない、というくらいの
もっと切実なものだったんじゃないかな、
って感じて、切なくなりました。

だってね、病で苦しんでいたかもしれないけれど、
ふくよかな裸婦像をたくさんの色をつかって明るく描いてから、
「いいお尻だ」とかなんとか言って、画面のお尻のところをなでた、
なんていうエピソードがあるような、
人生は楽しまなくっちゃみたいな生き方をして来れて、
少なくともモディリアーニよりはずっと長生きをしてきた大御所に、
面と向かっていわれたらどんな気持ちだったろうって。
最後の自画像はパレットを持って、
ちょっとはにかむような表情で描かれていて、
これをどんな気持ちで描いたのかなって。
救いはジャンヌという美しい恋人がいて、
最期のひとときを穏やかに暮らせたんじゃないかということ。

切なく悲しくなってしまったけれど、今日は教室があって、よかったです。
あのままだったら、ずっと悲しい日曜日だったな。

近いうちに会いに行かなくっちゃ、モディリアーニに。
[PR]
by miyoshimasako | 2008-04-20 18:28

たのしいな。

f0025533_13513933.jpg


















こんなふうにたくさんあると、
それだけでもうなんだか、
たのしくなります。

なんか、集まって遊んでいるみたい・・・
なーんて書くから、
「ときどき何言っているのかわからない」
なんて言われちゃうんでしょうね。


これはボダムの耐熱グラスに合わせて作ったのものですが、
このグラスは最近チェコ製から中国製に変わったんですって。
ほんと、世界の工場、って実感。
[PR]
by miyoshimasako | 2008-04-10 13:51 | フェルトな毎日。

かわいすぎ!

f0025533_9512232.jpg














ね。

ただちいさいだけでもかわいいのに、
ピンクだなんて!

もう!
[PR]
by miyoshimasako | 2008-04-07 09:51 | フェルトな毎日。

ひらひらひらひら・・・・・

やっぱり、いつまでもずっと変わらず
咲いているわけじゃありませんでしたね。
そんなことわかっていたはずなのに。

桜の花びらは、つぎつぎと枝を離れて、
まるでどこか遠くに旅立っていったみたい。
上から下へ、風にのって南から北へ。
ひらひらひらひら・・・・
何のためらいもなく。

気がついたら、もう緑の葉っぱがのぞいています。

こうやって、どんどん、どんどん、
時は過ぎて行くんですね。
[PR]
by miyoshimasako | 2008-04-05 23:55

シアワセの葉っぱ。

f0025533_2152448.jpg














今日発見しましたよ!
わかります?

見えます?

そう!

よつ葉のクローバー!!!!

鉢植えのオリーブの根元に、いました。
それもひときわ大きくて元気なかんじで!

疲れ気味の身も心も、
すぐに元気になれるよ、っていう手紙かな。

だってね、クローバーの新しく出て来る葉っぱって、
きれいに四つ折り、みたいになっているんですよ。
それはそれはきちんとしてて、
まるで大切な人にあてて書かれて、そして
丁寧にたたまれた、便箋みたいなんです。

よつ葉のクローバーなんてもう10年ぶりくらい。
その時のクローバーの原っぱにも住宅がたくさん建っちゃいました。
「ハチクロ」のはぐちゃんはこのクローバーをサンドイッチにしてたけど、
そういう発想って、どこから出てくるんだろうなぁ、食べちゃうっていう・・・

それにしても4月4日の午後4時すぎのよつ葉のクローバー。
とっても不思議なはなし・・・あ、ほんと、ですからね。
[PR]
by miyoshimasako | 2008-04-04 21:49 | イトシイものたち。

お楽しみはこれから。

f0025533_22241993.jpg














手前の空き地にはギボウシが植わっていて、
これから芽吹く予定なので、
うかうかいじれないのでちょっと淋しい庭ですが、
紫の花はかれこれ4年もののヒヤシンスで、
白い花は2年目のクリスマスローズ、
四角い鉢の上の鉢にはハニ—サックル、
左手前のちょっと大きめの鉢は、梅花ウツギ。
最後部の壁際にはメドウセージとドイツスズランが、
まだかくれています。

これからが楽しみな、庭のメンバーの一部紹介でした。
[PR]
by miyoshimasako | 2008-04-03 22:24 | イトシイものたち。