<   2008年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

10/24  「王子様ですか?」

ずっと、ずっと、
そこにいるってことは知ってはいました。
キライではないし、
無関心ではいられないけれど、
これといって仲良くなろうともせず、
出会えば、「あ」っていういかんじで、
ほんのちょっとうれしいような。
そんな関係だった、
カエルくんとわたし。

ふわふわの土に半分埋まってるところに出会った朝、
ああ、もうすぐ冬眠なのね、
春までさよならなんてスナフキンみたいだね、
なんて、思っていたのですが、
ふと、ひらめいてしまったんです。

「ひょっとしたら王子様なんじゃないの!?」

って。

そういえば、
実家にもいたし、
前16年すんでいた家の庭にもいたし、
そして引っ越して来たこの高台になってる家の小さな庭にもいるなんて、
あまりにも不思議な出来事ではありせんか。
積極的に近寄ってくる訳ではなく、
真夏の暑い日に視界を横切ったりはしたけれど、
だいたいは、木や草のかげでじっとしているところに出会い、
このあいだなどはそんなところにいることに気がつかず、
不用意にまいた石灰をまるかぶりさせて、真っ白にしちゃったり、
ガーデンシューズの中にいたときには、
気がつかなかったらはいちゃってたかもなんてこともありました。
それでも、どこにもいかないで、
ついて来てくれて、
そばに居続けてくれてたことに、
なんで今まで気がつかなかったのかな。
これが魔法をかけられた王子様でなくて、
誰が王子様なの・・・

で、そばにいって、そっときいてみました。
「王子様ですか?」
って。
でも何も言わず(当然です)
ぴくりとも動かず、埋まり続けてました。

翌朝。
埋まってた穴はその痕跡をのこしたまま、
カエルくんはそこいにはもういませんでした。

だいたい、いつも秋はこんなふうに過ぎていました、これまでも。
「もうひとりでもがんばれるよね」
って、作品展にむけて大慌てでダッシュしてるわたしを見届けてから、
どこかに埋まるんです。

王子様は一体どんな呪いをかけられたんだろう、
それはどうやったら解けるんだろう、って
おとといから考えてます。
定番の「キス」をする勇気は、まだないしなぁ。
ほかにどんな解き方があるのか、
来年になったらゆっくり考えてみようかと思います。
[PR]
by miyoshimasako | 2008-10-24 19:40 | イトシイものたち。

10/20  小さな手。

昨日の教室で、小さい手袋を作りました。
3歳になるという息子さんへのプレゼントにするとのこと。
わたしもわが息子に作りましたがものすごく遠い昔の話。
それも、いつのまにかどこかに行ってしまいました。
久しぶりなので一緒に作り、
生徒さんのもとてもかわいく出来上がり、
教室では、片方の手の分だけでしたので、
あとはお家でもう片方作って、
息子さんの手に合わせて仕上げてね、ということで教室は終了しました。

手袋とか靴というのは片方だけだと、
なんていうか、とても淋しそうなので、
早く作ってあげたくて(手袋のために!)、
もう片方を午後作り、なんだかほっとして眠ってしまって、今朝、
二つの大きさを合わせ、形を仕上げてゆく時に気がついたのです。
「あ!合わせる手が、ない!」
かつて小さかった息子の手はもうわたしより大きくなり、
この、今出来上がった手袋を、
「はめてみて」
って言って合わせる手はもうここにはないんだ・・・
と、ちょっと淋しくなりました。

でも、大丈夫。
これまでの人生で感じたいろいろな感覚が大切にしまってある、
とっておきの引き出しをそっと開けて、
目を閉じて、静かに思い出してみるんです。
そして、
右手用にカーブをつけた手袋と、わたしの左手を、
左手用にカーブをつけた手袋と、わたしの右手を、そっとつないでみたら、
なつかしいあの小さな手のあたたかさがよみがえったような。

ここにちゃんと子どもの小さな手が入ったらきっと、
ちょっとした小動物みたいにもぞもぞうごくんだろうな、この中で。
[PR]
by miyoshimasako | 2008-10-20 17:00

10/5 みなさんのおかげで。

今日は、ちょっと大きなワークショップでした。
無事終了することができて、ほんとうにほっとしました。
いらして下さった方、
アシストしてくださった方、
ほんとうにありがとうございました。
楽しんでくださって帰っていただけてたら、
もう、何よりうれしいです。

わたしとしては初めての体験で、実はとってもドキドキしていました。
お話をいただいたのはもう、1年も前で、
打ち合わせをしたのも数ヶ月前で、
急遽、お手伝いをお願いしたりもして、
これまでで最も大きい規模なので、
ちゃんとやりとげることができるように、
指差し確認するくらい、準備もして。
前日もドキドキでしたが、
やれるだけのことはやったし、大丈夫、って言い聞かせて。

目が覚めたらとても気持ちよい朝。
お天気も応援してくれてるみたい。

2時間前に現地でお手伝いをお願いした方たちと待ち合わせて最終打ち合わせをし、
1時間前に会場入りです。
すでに招いてくださったお花関係の団体の方たちが会場設営完了されてたのに、
テーブルをおく場所を変えていただくなど、お手間をとらせてしまいましたが、
いいかんじにスタートできました。

羊毛に触れた方ははじめての方が多かったと思いますが、
みなさん少したつと慣れて、はじめてなりにきれいに並べられ、
その後の作業もさくさくと進みました。
葉っぱのトレイを作ったのですが、
葉脈は自由につけて、中にはハートマークまでつけちゃった人までいらして、
もう楽しいなぁ、って思いながら各テーブルを回り続け、
成形もそれぞれオリジナリティあふれるものを作られて、
講習も無事終了。
終わった後、おそらく一番高齢と思われる方と記念写真を撮ったりもしました。

会場を片付けて、スタッフの方、アシスタントお願いした方とお食事をしました。
その時初めて講習中のいろいろをうかがい、驚いてしまったんです。
わたしはもう、精一杯120%の気持ちでやり遂げたってほっとしてました。
「よくやったよ、自分!」っていう自己満足的完全燃焼感に満たされてました。
でも、わたしが気がつかなかったところで、
スタッフのみなさん、アシスタントをお願いした方たちが、
細かいところをフォローしてくださってたことを知りました。
あの最高齢と思われる方の作品の出来映えがすばらしかったので関心してたのですが、
それも、かわるがわる手伝ってくださってたということ、
はじめてのフェルト体験で、
「こんなにもカラダを使う大変な作業だとは思わなかったわ〜」
という方を応援して、完成までひっぱってくれてたことなどをそのときはじめて知りました。
わたしとしては、全体をちゃんと見てわかっていたつもりになってたんです。

自分のがんばりだけじゃなくって、
みなさんのおかげで、
今のこのほっとした瞬間があるんだなぁってしみじみ思い、
自分のちいささをあらためて思い知ったら、
なんだかとても感動してしまいました。

願わくば、いらしてくださった方たちみなさんが、
ちょっとシアワセな気持ちで帰られて、
作られたそれぞれの葉っぱちゃんたちがテーブルの上にちょこんと乗ってて、
ちょっとしたあたたかさを感じてもらえてますように・・・
[PR]
by miyoshimasako | 2008-10-05 22:35 | フェルトな毎日。