<   2008年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

あたたかな毎日でありますように。

f0025533_17165098.jpg


















寒い冬の日に生まれたせいか、
あたたかいかんじのするものが好きです。
フェルトは、見てもふれてもあたたかい。
そういうところに魅かれたのかもしれません。
いろいろな素材がある中で、羊毛が好きな理由のひとつは、
素材を分けてもらったあとでも羊たちは生きてる、ということ。
そのあたたかさの理由のひとつは、そこにあるんじゃないかって思っています。
だからわたしが作っているこの瞬間も、
遠くの地で元気にしてるかな、って思うだけで、
楽しい気持ちになります。
そんな風に時を重ねてきた2008年も、
もうすぐ終わりです。

この一年。
いろいろなことがありました。
そのひとつひとつに意味があったのだと思います。
明るさに満ちた日々にも、
消えてしまいたいほどの悲しみにも。
そのすべてを抱えて、年を越そうと思います。


先日、仕事の打ち合わせで初めてモロッコの羊毛と出会いました。
モロッコの羊毛は、主にお肉にしたあとに残された羊の毛なんだそうです。
だから、かの地には、その毛がとにかくたくさんあるらしいのです。
もちろん毛だけを刈ったものもあるそうですが、
無駄無く命のすべてを使い尽くすという文化に感動しました。
ほんの数頭ずつという単位で、農家で大切に育てられた、羊。
一度洗いをかけてはあるけれど、細かい草みたいなかけらなどが混じっています。
もそもそごわごわした手ざわりですし、色も長さもまちまちで、
いつものものとはちょっと違うかんじ。
動物の匂いも残っていますが、でもわたしはこの匂いが好き。
羊毛をほぐし、ゴミを取り除き、計り、丁寧にちぎって並べ、
石鹸液をかけ、こすって、縮めて、濯いで、成形。
手を通して強く鮮やかに感じる、モロッコの羊たちの毎日。
そしてでき上がったものの放つ、
今までに感じたことのない質感に驚かされました。
今、こうやってまた初めてのことに出会えた幸せに、
感謝の気持ちで、胸が一杯になりました。


今日の日まで読んで下さったみなさま、
そしてコメントをお寄せ下さったみなさま、
ほんとうにありがとうございました。

2009年。
毎日の更新とはいかないかもしれませんが、
あらたに始まる Feltwonderland での日々をお伝えできたらうれしいです。
また、ここで、読んで頂けることを楽しみにしています。
これからも、どうぞよろしくおねがいいたします。

寒さに向かう季節でも、
みなさまの毎日は、あたたかでありますように。
[PR]
by miyoshimasako | 2008-12-30 10:10 | フェルトな毎日。

12/24  メリークリスマス。

f0025533_2311144.jpg


















降誕祭のミサに行ってきました。
食事の前のお祈りは欠かしませんが、
教会に行くのは実に8年ぶり。

やっぱりいいものですね。
キャンドルを灯し、静かに祈るって。
神父さまのお話は「暗闇の中のあたたかい光」。
白い上着を着たちいさな女の子から、手作りのクッキーも頂きました。

わたしの力ではどうすることもできない願いの全てを委ねて、
この一年を彩った喜びへの感謝と、
愚かさから心ならずもおかしてしまった過ちへの赦しと、
大切な人たちの変わらないシアワセを、祈りました。


今日、作品展会場で頂戴したメッセージをゆっくり読ませて頂きました。
わたしが会場にいないときにいらしてくださった方のことも、
今になって知った失礼をお赦しください。
あたたかい言葉をありがとうございました。

年内の教室ができなくなってしまって、
ご迷惑をおかけしてしまい、
本当に申し訳ありません。
教室は来年1月14日から、
仕事は明日から再開いたします。
どうぞよろしくお願い致します。

もうすっかり夜も深まってしまいました。
遅ればせながら、
メリークリスマス。

みなさまにとって、
素敵な夜でありますように。
[PR]
by miyoshimasako | 2008-12-24 23:11 | フェルトな毎日。

12/15  ありがとうございました。

f0025533_813640.jpg


12月15日、おかげさまで無事、作品展を終えることができました。
たくさんのみなさまに会場に足を運んでいただき、
優しい笑顔に出会い、
あたたかいお言葉を頂戴しました。
一年に一度だけしかお会いしない方々に、
ひょっとしたら一生に一度しかお会いしないかもしれない方々に、
遠くから近くからいらしていただいて、
親しい気持ちにさせていただいて、
わたしはなんてシアワセモノなんだって、感激な日々でした。
ほんとうにありがとうございました。

MATSUYA GINZAのみなさま、
前日のディスプレイや、初日を手伝ってくれたともだち、
ありがとうございました。
いろんなことがありましたが、
いろんなひとに助けられ、支えられているんだって、
しみじみ感じた日々でした。

この一年でうみだした子どもたちが、
あたらしい場所へ、旅だって行きました。
きっとシアワセな毎日を送ってくれるはず。
きっとあたらしい場所で誰かをシアワセに、そして
あったかくする仕事をしてくれるはずって信じてます。

そしてまた。
来年12月1日から、同じ場所で展示させていただくことが決まりました。
きっとまた違うかんじになるはずの、
わたしの作品たちを見ていただけるように、
これからの1年、1日1日を、
ていねいに重ねてゆきたいと思っています。

ありがとうございました。
[PR]
by miyoshimasako | 2008-12-15 20:20 | フェルトな毎日。

12/12  ありがとうございます。

9日より、松屋銀座にては5回目となります作品展が、始まりました。
今回は、フェルト展、ではなく、フェルト店。
毎日の暮らしを楽しく彩り、あたためてくれるような、
さりげなくはらたきものなモノたちを中心に取り揃えてみました。

この1年、
新しいイメージをひらめかせてくれて、
作り続けるチカラを与え続けてくれたひとやモノへの、
気持ちがこもったものたちばかりです。
彩りが鮮やかになったのが、一番印象的かもしれません。
もともと模様よりも色とかたちが好きだったのですが、
それがとても強く出てるような気がします。
作品は、わたしそのものだったりするのかもしれないって、
思ったりもします。
楽しかったこの一年が、輝いててまぶしすぎるような気すらします。

更新をお休みして、ご心配をおかけしましたみなさま、
本当に、申し訳ありません。
会場でお会いするみなさま、
たくさんの元気を下さって、ほんとうにありがとうございます。
毎年ここでしかお会いすることのない方々との再会も、
とてもうれしくて、毎年、冬の七夕みたい、って思ったりしてます。

後半の日々も、毎日11時くらいから午後6半くらいまでは会場におりますので、
そうですね、今年はなんとなくカワイイかんじがするミキモトのツリーを見るおついでにでも、
いらしてくださったらうれしいです。
[PR]
by miyoshimasako | 2008-12-12 22:58