<   2009年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

そんな一日。

今日は青山のカルチャースクールでした。
黒板とか使っちゃったりして
なんだか学校の先生みたいでした。

引っ越しの合間に抜け出して
来て下さった生徒さんもいらしたんです。
全力で頑張りましたね。
お疲れさまでした。
電車には間に合ったかな。
新しいお家で
ゆったり楽しい時間を
すごせてますように。

外に出たら暖かかったので
青山一丁目から原宿まで歩いてしまいました。
外苑の銀杏並木はなんだか寒そうでしたが
春の準備は着々と進んでるはず。
途中立ち寄った店では
知人に偶然出会ったりして、
なんだか楽しいマジックアワー。

電車では爆睡です。
眠っても眠っても着かない
ちょっとしたホラー体験に
泣きたくなりました。

駅の書店で本を、
スーパーで食料と花を買い
音楽を聞きながら長い坂道を帰ってきました。

そんなふうに過ごした
二月最後の一日でした。
[PR]
by miyoshimasako | 2009-02-28 22:02 | そんな一日。

二月からの手紙。

f0025533_0302075.jpg
















さりげなく
みじかいけれど
やっぱりうれしい。

そんな
手紙みたいな
雪でした。
[PR]
by miyoshimasako | 2009-02-28 00:22 | イトシイものたち。

それでも雪が好き。

寒くなってきましたね。
天気予報では都心でも
雪が舞うかもしれないと言ってます。
ちょっと楽しみだなんて、オトナは言っちゃいけないんですって。

でも生まれて初めて見た外の世界が一面の銀世界だったからか
雪と聞くだけで心躍るのを感じます。
数年前流氷を見た帰り道で吹雪に巻き込まれ
立ち往生した峠で見た、
紺色のコートに次々と降りてくる
雪の結晶の美しさと大きさと、
この真っ白の世界の全てが
この美しいカケラでできている奇跡に
クラクラしたなんてこともありました。

一生をその結晶の写真を撮ることに捧げたベントレーや
「天からの手紙」と例えた中谷宇吉郎まではいかなくても
雪からは目が離せません。

オトナゲナイと言われても、
やっぱり、雪が好き。
ドキドキしながら待つのも楽しくて。
[PR]
by miyoshimasako | 2009-02-27 00:02 | イトシイものたち。

あと少し。

曇ってる朝ですね。
今日もずっとこうなのかな。
この寒さだって
あと少し。

でもうっかりしたり
がっかりしたり
ほっとしたときにも
風邪はひいちゃうもの。
いろいろ忙しくても
食事も睡眠も
ちゃんととらないとね。

重いセメント色の空の下でも
心は軽く明るく
あたたかく
ありますように。
[PR]
by miyoshimasako | 2009-02-26 09:22 | そんな一日。

「ドーナツ効果」

ドーナツの真ん中の空間には、
何かヒミツがあるはずって
子どもの頃から思ってました。

いつの日かそのお店を出すのが夢だという
お友だち夫婦へのプレゼントにしたいと生徒さんから言われ、
そのカタチを作るお手伝いを先日したんです。
今朝届いたメールには
とても喜んでもらえてうれしかったとありました。

彼女が気持ちを込めて作ってプレゼントしたことで
彼女がお友だちの夢を覚えてたってことが伝わって、
お友だちはそれを見るたび、
自分たちの夢と、
その夢を応援してくれてる彼女のことを思い出すのかな、なんて思ったら
なんだかシアワセ。

お友だちのうれしい気持ちを彼女が感じてうれしくなって、
それを伝えられたわたしもうれしくなって、
会ったことのない二人とわたしはここでつながって、
ドーナツのカタチになって。
これを彼女は「ドーナツ効果」と名付けてました。
なんだか甘く楽しい響き。
あの真ん中の空間には
シアワセな気持ちの素がかくされてるのかも。
[PR]
by miyoshimasako | 2009-02-25 20:02 | フェルトな毎日。

伝わりますように。


「荒れたお砂場をたいらにするみたいに」
「シフォンケーキに生クリームをスパチュラで塗るみたいに」
「おなかの痛い人の背中を大丈夫?ってさするみたいに」
「小麦粉に水をちょっと加えたものを練るみたいに」
「こちょこちょくすぐるみたいに」
「自転車をこぐみたいに」


毎日探してるのでした。
こすったり、縮めたり、成形したりする作業を
教室で説明するときにぴったりくる言葉。
わかりやすく伝えたいと思いながらも勝手に言いすぎて
わかりづらくなってないかと反省もしつつ。


言葉ってむずかしいです。
リンゴを一つ、手渡すみたいに
そのままを伝えられたらいいのに。
[PR]
by miyoshimasako | 2009-02-24 02:22 | フェルトな毎日。

日曜の夜が好き。

土日は教室のことが多いので
日曜の夜はのんびり過ごす
ちょとした「週末」気分の
大好きな時間。

そんな夜に届いた
思いがけない贈り物。
あたまのまわりを
ぐるぐるまわり続ける
「?」と「!」マークに
クラクラしてたら
いたずらっぽく笑う
顔が目にうかびました。

こんなサプライズは
初めてだから
二日遅れのプレゼントが
ただただうれしくて
駆け出したい気分。
きのうならきっとそのまま
離陸しちゃえたかも。

静かで穏やかな気持ちになれて
こんな素敵なことも
ときどきあって
ますます好きになってしまった
日曜の夜なのでした。
[PR]
by miyoshimasako | 2009-02-23 10:02 | イトシイものたち。

うれしい誕生日。

昨日はわたしの誕生日でした。
いくつになってもいいものです。
この地上に降り立った記念の日。

お正月ぶりの実家で誕生日会をしました。
駅前のお肉屋さんの揚げたてコロッケをかじりながら
銀色のつぼみをふくらませたモクレンや満開のミモザの黄色も美しい
あたたかな夕暮れの住宅街を歩きました。
チューリップの花束と桜餅がお土産。
母からのプレゼントは二胡のミニ演奏会でした。
音程とビブラートは微妙なかんじでしたけれど、
それでもやっぱり大感動のシアワセな時間を過ごすことができたのでした。


みなさまからいただいたメッセージのひとつひとつに、
想ってくださる気持ちのあたたかさを感じました。
わたしはほんとうに恵まれていると思いました。

うれしい誕生日を
ありがとうございました。
[PR]
by miyoshimasako | 2009-02-21 23:02 | そんな一日。

クリスマスローズ。

f0025533_1951512.jpg















今日になって
気がつきました。
風に揺れる
庭のクリスマスローズ。

寒くない?って
顔を覗き込んだら
ちょっとはずかしそう。

でも素敵でしょ。
二月に咲くのに
この名前なのも不思議で。
[PR]
by miyoshimasako | 2009-02-19 17:02 | イトシイものたち。

ヨーグルトパンケーキ。

f0025533_9153981.jpg
















制作に夢中になって
夜更かしをして、
寝坊してしまいました。
ごはんも炊けない
こんな朝に作るのは、
ヨーグルトパンケーキ。

冷めてもおいしいので
小さく焼いたものは
パーティでも人気者。
息子にも持たせました。
早弁で消えちゃうんでしょうけど。

それでも焼きたてが最高。
シロップのかかったバターが
溶けて落ちちゃわないうちに
どうぞ。


<recipe>
市販のホットケーキミックスをプレーンヨーグルトだけでかために溶いて
(一袋200gに半パック250mlくらい)3分くらい置いておくと、
あら不思議、ちょっとぷつぷつ膨らんできます。
それをフライパンに間隔をあけて丸く落とし、弱めの中火にかけ蓋をして3分。
写真のような焼き色がついたらひっくり返して裏も焼きます。
生地をゆるめに溶いて、もっと小さく焼けばコインパンケーキに。
冷めても固くなりません。
煮リンゴは勿論、リエットやクリームチーズにも合います。
[PR]
by miyoshimasako | 2009-02-18 10:02 | オイシイものたち。