<   2009年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧

静かな午後。

静かな土曜の午後に
音楽をききながら
作品の型紙整理をしました。
いつでもきちんとしてることが
大事なのはわかっているのに
なかなか手を付けられなくて
ドウシヨウと思いつつも
そのままになっていたもの。

引き出しをきちんと整理したら
頭の中もすっきりして
作品制作に向けて少しずつ
前に進んでゆく気持ちになってます。
大事ですね、整理整頓。

明日は教室です。
遠くまでいらして下さる生徒さんたちに
楽しい時間をすごしていただけますように。

みなさまにとって
ステキな日曜日でありますように。
[PR]
by miyoshimasako | 2009-05-30 23:22 | そんな一日。

さあ、どうぞ!!

f0025533_21164691.jpg

















今日も一日
お疲れさまでした。

広場から直送の
絞り立てオレンジジュースを
どうぞ!!
[PR]
by miyoshimasako | 2009-05-29 21:22 | モロッコ。

新しい毎日。

雨の日ですね。
少し肌寒かったりもします。
元気におすごしですか?

帰って10日もたつというのに
まだなんだかぼんやりとしてしまってます。
記憶が鮮やかなうちにまとめたくて
マラケシュに思いをはせるたび
あの喧噪や
おいしい食事や
見知らぬ街角で理解できない言葉に囲まれ
ただ笑顔だけでいた日々が懐かしく
ふと淋しくなり
逆ホームシックになっていました。
すぐに元気になれると
思っていたのに。

でも、そんな中届けられた
明るい声や
楽しいメッセージや
うれしいできごとに元気づけられ
新しい毎日を新しい気持ちで始められそうです。
ほんとうにありがとうございました。

いよいよ来週は6月。
窓の外には緑が溢れています。
自宅教室も再開していますので、どうぞいらしてくださいね。
みなさまの笑顔に会えるのを
楽しみにお待ちしています。

マラケシュでの日々は
引き続き少しずつアップしてゆきます。
そしていつかわたしなりの作品にカタチを変えて
見ていただける日が来たら
ステキだと思っています。
[PR]
by miyoshimasako | 2009-05-29 12:22 | そんな一日。

不思議な空間。

f0025533_11133430.jpg

















ベルベル文字の刻まれた指輪や
繊細な刺繍の小物や
伝統の技法がアレンジされたものたちが
あつめられてるお店にも
連れて行っていただきました。
呼び鈴を押し
扉をあけてもらい
ほの暗い階段をあがった二階がお店になってる
セレクトショップ。
選ばれた小物ひとつひとつに
いろいろなストーリーが隠されているみたい。

わたしはそのお店オリジナルのジャバドールという
白くて丈の長いチュニックをいただきました。
透き通る薄手のはかなげな麻の生地に
モロッコ独特のレースがはめ込まれてるもの。
マラケシュ在住オーストリア人デザイナーの手によるものだそう。

ひときわ明るい部屋には天窓がありました。
そこから差し込む光が
花のカタチに彩られた
あざやかな色のガラスモザイクのランプをとおして
床で揺れていました。
おまもりをあらわす
手のかたちのシールも貼ってあったり
お店のあちらこちらに感じられる
ちょっとした遊び心。

でもどうして?
こんなところにっていう場所。
知ってる人にしかわからない
不思議な空間での
ゆったり静かなひととき。
いつものにぎやかなメディナの楽しさとは
また違った魅力に感動し
感謝した午後でした。

下の写真は階段の手すりにかかった
とても大きな飾り紐。
シルクのような光沢の
発色のよいサボテンの繊維で作られています。
何もかもが不思議な雰囲気を醸し出していて
何度思い出しても
クラクラしてしまうのでした。


f0025533_13585573.jpg
[PR]
by miyoshimasako | 2009-05-27 14:22 | モロッコ。

香りの記憶。

今朝Tシャツを来た時
そこに残る柔軟剤の香りが
マラケシュでの毎日を思い出させました。
暮らした家で洗濯したままのTシャツ。
なぜかとても懐かしくなってぼんやりしながら
とても濃い毎日だったことを
あらためて感じました。
ほんの二週間なのに。

香りの記憶が一番強いと聞いたことがあります。
マドレーヌを紅茶に浸したとき
思い出が心に溢れ出て来たのはたしか
「失われた時を求めて」の中のワンシーン。
本は難しければ難しいほどわくわくした高校生の頃
背伸びして読み始めたのに
難しすぎて読み通すことはできなかった本。
覚えているのはただマドレーヌと紅茶をきっかけにして
思い出がよみがえるというところだけ。
味は香り無しには感じないらしいですから
やっぱり香りの記憶なんでしょうね。

でも柔軟剤だなんてね。
しかもモロッコブランド。
オレンジもスパイスも街の匂いもとても鮮やかで
同じ香りにはなかなか出会えないような気がしますから
そのなつかしい匂いのついた残りの一枚は洗濯したそのままで
ジップロックにでも入れておこうかな。
[PR]
by miyoshimasako | 2009-05-25 21:22 | モロッコ。

魔法の絨毯。

f0025533_0364238.jpg

















ちょうど一週間前の日曜は帰国前日。
かわいい女子たちと三人で
半日メディナを巡りました。

迷路のような細道を抜けて出会ったのは
大好きなオレンジ色の絨毯。
ちょっとムラになってるみたいに見えるのは
糸を染めて乾かしているときに
上になってるところは薄く
下になってるところは濃く
そんな風に染まったものをそのまま織っているからだそう。
こんなに素敵にできあがるなんてほんと素晴らしい。
元気が満ちてるかんじ。

その重さを考えてしまって
連れては帰りませんでしたけれど
高いところにかかっていたその絨毯を
ぼんやりとながめながらふと思いました。
これが魔法の絨毯で
飛行機と同じ速度は無理でも
自分でひらひら飛んで来てくれたら
飛行機の窓の外をふと見た時に
オレンジ色の絨毯が
真っ青な空の真っ白い雲の間を飛んでたら
ほんと面白いのにって。

いつもに増した明るさに溢れていた、
マラケシュでの日曜日でした。
[PR]
by miyoshimasako | 2009-05-25 00:22 | モロッコ。

「すべて書かれているの」

f0025533_10585653.jpg

















この言葉を何度耳にしたかわかりません。
待ち合わせもしてないのに
ばったり出会うなんてことが何度もあって
そのたびわたしが驚きの声をあげてもみなさん涼しい顔で
「そんなコトがよくある国なのよ」(にっこり)
って言葉に続けてこの台詞をおっしゃるのでした。

ほんと絶妙なタイミングなんです。
たとえば、いつもならすぐに帰るのに
忘れ物をしてもう一度もどったとか
道を間違えたとか
そんなちょっとしたことがなかったら
すれ違ってたのに。
全ては書かれてるんですって。
かの地の聖典に。
どんなささいなことも。
どんな不思議なことも。

街角には至る所に祈りの場があり
早朝3時半ころから数時間おきに一日数回
お祈りみたいなアナウンスの声が街中に響きわたり
なんと携帯の着メロ?が普通にその祈りの言葉だったりする国。
車のラジオからも聞こえるときもあって
「そうなんですね」
と納得してしまったのでした。
[PR]
by miyoshimasako | 2009-05-24 00:22 | モロッコ。

マラケシュピンク。

f0025533_21123614.jpg

















この壁の色がマラケシュピンク。
マラケシュの街はこの色のバリエーションでできてます。
なんだか口にしたら
甘くかんじそう。

はがれたペンキの下も
茶色いお砂糖でできた
サクサクするお菓子みたい。
さわったらくずれちゃいそうで
ちょっと心配だけど。

ミントのチョコみたいな扉との
やさしい色合わせもステキで
もう何もかもがうっとりな街。

おひさまの動きで
すてきな模様を映し出す
アイアンワークのシェードのついた入り口の扉も
やっぱりピンク色でした。


f0025533_0205429.jpg
[PR]
by miyoshimasako | 2009-05-22 21:22 | モロッコ。

フェルト雲。

f0025533_21334663.jpg


















なんだか羊毛をちぎって
ならべたみたいです。
雲なのにね。
石鹸液かけてこすったら
どんなフェルトになるのかな
なんて思ってしまいました。

パリからカサブランカに向かう
飛行機の窓から見た景色。

楽しい日々の予感は
このあたりからもう
していたのかも。
[PR]
by miyoshimasako | 2009-05-21 21:22 | モロッコ。

ジェットラグ。

マラケシュについた時には
殆ど感じなかったんです、ジェットラグ。
この言葉、かっこいいでしょ。
まあ、時差ボケのことですけどね。
去年耳にしてから一度使ってみたかったのでうれしい。

帰国時もなりたくなかったので
ときどきうとうとしながらも
真っ暗な飛行機の中でもつとめて起きて
iPodで音楽をききながら
マラケシュで思いついたデザインを描いていました。
ときどき窓をこっそり少し開けて外を見たりして。

なのに今朝。
5時半に起きて朝ご飯を作り
9時すぎまで頑張ってトランクを受け取った後
もうクラクラしてきて耐えられずまたベッドにダイブ・・・
長い長い物語みたいな夢を二本みて
やっと起きましたがソファにすわったとたんうとうと。
何も食べたくない気分だし。
これがジェットラグなのねと実感です。
西から東への移動の方が辛いんですって。

洗濯を片付け
本屋さんとスーパーマーケットにでかけ買い物をし
帰って来たらもう夕方近く。
昨日は返信しきれなかったメールを書きました。
もう大丈夫みたいです。

にぎやかな街でのにぎやかな二週間だったので
ちょっと淋しくなってます。
逆ホームシック気分かな。
でも明日からお仕事再開だし
今週末から教室も再開。
久しぶりのみなさまの笑顔に会えたらきっと
楽しい気持ちになれるはずだと思うのでした。
[PR]
by miyoshimasako | 2009-05-21 00:22 | モロッコ。