<   2010年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

たっぷりな五月。

マーマレードで明け
ステキな知らせが届き
シュロプシャーに出会い
今焼き上がったばかりの
新しいレシピのプリンで終わる
鮮やかな彩りの五月は
ふだんの月の二倍くらい
長かった気がしています。

振り返ってみれば
目に映るもの
耳に聞こえてくるもの
たくさんのステキなものから
元気が届けられ
うれしい気持ちと
やさしい想いに
たっぷり満たされた
楽しい日々でした。

そしてくる六月も
明るい気持ちで
歩いていけたらと
願っています。

みなさまの六月が
喜びにあふれる
日々でありますように。
[PR]
by miyoshimasako | 2010-05-31 23:22 | そんな一日。

やさしい気持ちの贈り物。

もうすぐ六月だというのに
肌寒かった一日が終わり
何気なくスイッチを入れた
テレビの夕方のニュースで
並んで髪を切る
女の子たちの映像が
目に入ってきたのです。

病気の治療の過程で
髪が抜けてしまった女性たちを
元気づけたいと
それを使ってウイッグを
作るための髪を
プレゼントするとのこと。

毎日洗ったり
丁寧に手入れしてきました
なんてうれしそうに話す
ナースの卵の彼女たちの
輝く笑顔はまぶしくて
胸が一杯になりました。

愛する人への
贈り物を買うために
自分の髪を切った物語は
知ってましたけれど
見ず知らずの誰かのために
いつか切るための髪を
何ヶ月ものばし続けたなんて。

出来上がるのは
十数人分ではあっても
きっとほかの
たくさんの人の心にも
届いたはずです
彼女たちの
やさしい気持ちの贈り物。
わたしにも届けられた想いを
大切に育てる一週間に
したいとおもいます。

みなさまの一週間が
明るく楽しく
心穏やかで
なにより健やかで
ありますように。
[PR]
by miyoshimasako | 2010-05-30 23:22 | そんな一日。

シュロプシャーの白い花。

f0025533_2256162.jpg
















その花が咲く時
何かが起こるという
伝説の白い花が
数百年の眠りから醒め
咲いたところから
ストーリーは始まるのです。
イギリス中部
シュロプシャー地方にのこる
古城が舞台の
ミステリーシリーズ第二弾
・・・なんて
また考えては
楽しくなってます。

最近出会った
この名の羊毛で作ると
いつものお花なのに
微妙に違う
その仕上がりにも
その白の違いにも
感じる不思議。

さて第三弾は
何にしようかな
次回作の
タイトルも
そのストーリーも
今からもう
楽しみなのでした。
[PR]
by miyoshimasako | 2010-05-29 23:22 | フェルトな毎日。

満月色デザート。

f0025533_8131931.jpg
















この5月のはじまりの日から
作り続けた
夏みかんのマーマレードを
ヨーグルトベースの
クリームにのせた
新しいデザートができました。
土台には
教室が終わったときのお茶で
いつもお出ししてる
カラメルビスケットを
砕いて入れて
仕上げにのせた
レモンバームの葉は
ことりみたいでしょ?

カンタンで
おいしそうで
おいしい
三拍子揃った
この季節限定のデザート
その名も
「complimenti!2010」

「complimenti!」って
イタリア語で
「すばらしい!」とか
「おめでとう!」とか言う意味。
この季節に
友人からいただく
ラズベリーで作ったのが
はじまり。
数年前のこの季節に
テレビが壊れて
ラジオしかきいてなかったとき
たまたま流れてきた
イタリア語講座のスキットに
あった言葉の響きが楽しくて
つけた名前。
殆ど生クリームだった
クリームの配合と
グラノーラだった土台を
かえてみてできた
2010年バージョン。

新しいデザートが
生まれる時は
いつもドキドキでも
最高の出来に
うっとりです。

わたしの窓からは
月も見えない夜ですけれど
満ちるイメージの
満月の日に出来上がった
この満月色に輝くデザートを
いただきつつ
雲の上で変わらず輝く
今夜の満月を想っては
シアワセな気持ちの夜。

みなさまも
そんな楽しい夜で
ありますように。


<Recipe>
材料 (5個分)
マーマレード 大さじ5杯くらい
プレーンヨーグルト 500ml
生クリーム 50ml
砂糖 大さじ2杯くらい
コアントロー 適宜
カラメルビスケット 10枚

作り方
1. プレーンヨーグルトの水をしっかりときります。
  わたしはコーヒーのペーパーフィルターを使い
  上に重しもして一晩冷蔵庫に。
  かなり少なくなります。
2. カラメルビスケットは小さく砕いてグラスに入れます。
2. 生クリームに砂糖を入れて泡立てます。
3. 1の中に3を少しだけ入れてなじませ
  1と3を同じ固さにととのえてから合わせ
  コアントローを加えます。
4. 2の上に合わせたクリームをそおっと丁寧に入れます。
5. 4の上にマーマレードも丁寧にのせて
  レモンバームかミントの葉をかわいく添えて出来上がりです。

*上にのせるのはマーマレードでなくてもフルーツの缶詰でもいいかんじです。
 クリームにのせるので水分をしっかり切って。
*クリームの配分や加えるリキュールはそこにのせるものによって
 かえても楽しいです。
 ダークラムとかブランデーとか。
*下に敷くものもスポンジとかフィンガービスケットとか
 ビスコッティとかコーンフレークスとか
 あとプチフールサイズのタルトにいれても。
 あれこれ楽しんでみてくださいね。
[PR]
by miyoshimasako | 2010-05-28 21:22 | オイシイものたち。

ポットクッション。

f0025533_83186.jpg

















真っ赤がかわいい
ハートのカタチの
ポット用クッション。
鍋敷き、っていうより
かわいい呼び方で呼びたくて
勝手に作ってしまった名前
いかがでしょう?

ひょっとして
ポットで冷めた
飲み物だって
ここにのせたら
あたたかくなったり
したりして。

なにもそこにのってなくても
テーブルの上にあるだけで
なんだかウキウキするかんじ。
気持ちもあたためて
くれるみたいです。
[PR]
by miyoshimasako | 2010-05-27 23:22 | フェルトな毎日。

あたらしい窓。

f0025533_13112145.jpg

















ここに窓があったら
いいのにな
そしたらもっと
明るくなるし
仕事もはかどる
なにより楽しい
なんて
おもっていた時
ひらめきました。

横に長いカガミを
壁にかけてみたのです。
外の明るい緑が映るよう
場所と角度を考えて。

光が入って
心地よくて
すっかり窓でしょ?
風さえ吹いてきそうなかんじ。

この写真はお昼過ぎのもの。
三時過ぎに
雨が落ちてきました。
風もひんやりしてきましたし
どうぞあたたかくして
おすごしくださいね。
[PR]
by miyoshimasako | 2010-05-26 17:22 | イトシイものたち。

たのしいカタチ。

f0025533_20421775.jpg
















テーブルの上に
ランダムにのっていても
きっちり並んでいても
なんだかたのしくなる
まるいコースターたち。
作っているときも
たのしいのは
そのカタチのせい?

ゆったりとしたカーブの
アウトラインをなぞり
整えてゆく作業は
不思議なくらい集中してしまい
教室をしているのに
つい無言になって
あわててしまうほど。

いろいろな色で
いろいろな大きさで
作ってみたくなる
今一番好きな
たのしいカタチなのでした。
[PR]
by miyoshimasako | 2010-05-25 20:22 | フェルトな毎日。

常緑樹の落葉。

「常緑」と言っても
その葉がずっと
そのままの緑で
あり続けるはずはないことは
少し考えれば当然のことだと
わかるはずなのに
常緑樹である
オリーブやローリエ
そしてレモンも
新しく生まれた芽と
交代するみたいにして
これまでの葉の一部が
ほんの少し色を変え
静かにそっと
枝を離れたものに出会うと
ちょっと切なくなります。

落葉樹の葉だったなら
その季節が来た時
変えた色は世界を彩り
散り行くさまでさえ愛でられ
その歌にのせて
想いが重ねられることも
少なくないのに。


これまでの日々
緑の少なくなる冬にも
かわらず庭を
明るくにぎわせ
雨上がりには
そこに残るしずくを光らせ
楽しませてくれて
ありがとう
お疲れさま
なんて
言いたい気持ち。

雨に濡れ鮮やかさをました
ローリエの葉の
ツートーンの緑の葉も美しい
雨の月曜日でした。
[PR]
by miyoshimasako | 2010-05-24 17:22 | イトシイものたち。

マーマレードレシピ。

f0025533_21361747.jpg
















マーマレードは
その新鮮な実
あってこそのもので
その実は
この可憐な花
あってこそのもので
その花は
ゆったりと枝に広がる
やわかで大きくて
愛らしい葉に
守られてこそのもの。

そんな夏みかんを
丸ごと使った
マーマレードのレシピです。


材料
夏みかん 1個
砂糖 100g
コアントロー 大さじ2

作り方
1.夏みかんは皮と実に分け、皮は極薄切りにして
 ひたひたの水に一晩(およそ8時間くらい)さらします。
2.水を替え好きな苦みになるまで煮ます。
3.ざるにあけ水分をしっかりと切ります。
4.なべにもどし房から出した果肉と砂糖を加えて煮ます。
5.果肉をつぶしながら中火からやや強火で煮て
 水分が少なくなり皮がつややかになったら
 コアントローを加えアルコールをとばしたら出来上がりです。

*夏みかんはくれぐれも無農薬のものを確認して下さいね。 
*砂糖はきび糖で作りました。コクがでるような気がします。
 グラニュー糖だと色がより鮮やかになりますが
 平板なかんじの甘さ。
 てんさい糖だとちょっと色が濃くなりますが
 おなかにやさしいものになります。
 プレーンヨーグルトにのせていただくのがおすすめ。
 はちみつでもおいしくできました。
*砂糖は100gとありますが果肉の量に応じて増減して下さい。
 ほぐした果肉の表面にうすくまんべんなく
 ふりかかるくらいがいいかと思います。
 甘さを抑えるとつややかさがなくなるかんじがします。
*よりとろみを出したい場合は果肉だけ二個分
 入れていただけたらいいかと思います。
*果肉とお砂糖をいれてから強火で一気に煮詰めると
 それだけでいただけたり、刻んでケーキにいれられる
 ドライタイプのものになります。

書いてみたらレシピはやっぱり
シンプルなものになりました。
その実が違えば
出来上がるものは
そのときどきで
微妙に違ったものに
なりますけれど
その味こそ
今必要な味なのかも。
思いのほか苦かったり
ちょっと甘かったり
柔らかめだったり
硬めだったりする
その時々の味を
楽しめますように。
[PR]
by miyoshimasako | 2010-05-23 23:22 | オイシイものたち。

そんな土曜日。

月に一度の青山教室に
出かけるたび
あっという間に
過ぎて行く日々を感じます。

その時間
新しいものに取り組む
真剣な姿を見るのも
先月から今日までの間に
作られたもの
それは復習制作でも
これまでに作ったものに
アレンジを加えたものでも
それぞれご自分ひとりで
とりくまれたものに出会えるのも
楽しいもの。

それぞれとてもステキにできあがっていて
わたしがあれこれいわずとも
ステキなものに変わりは
ないのですが
なんだかうまくいかないのです
なんていうお気持ちを
抱えていらしたときには
ここをこうしたらこうなります
というアドバイスを
120%の考えでお伝えしたいと
思っています。
今日も見せていただいた
ステキな作品に感動し
ぼんやり見つめてしまったり
またシンプルなコースターを
その作った順番に
積み重ねられたものを
拝見した時には
その作ったときの
気持ちの流れがわかって
とても興味深かったです。
でもそれよりなにより
取り組まれた気持ちがうれしく
胸が一杯になってしまいました。

もちろん
この月一度の三時間の制作を
楽しんでいただくだけだって
それはそれで
月に一度のデートみたいで
そのドキドキを
味わっていただくのも
うれしいもの。
今日もそれぞれ
課題のものに取り組む姿は
みなさん真剣で
でも楽しそうで
そのエネルギーに
圧倒されてました。

いらしてくださったみなさま
今日も楽しい時間を
ありがとうございました。
また来月お会いするときまで
あれこれ作ってみたり
今日作ったものを
かわいがってくださったり
楽しい毎日をすごしてくださいね。
作れなくたって
作らなくっちゃなんて
気になさらずにね。
今月お休みなさった方
来月の講座が終了後
お時間ありましたら
一人で制作するに当たっての
ポイントをお伝えいたします。
みなさまにとってステキな
一ヶ月であったらいいと
おもっています。
また来月お目にかかれるのを
楽しみにしています。

帰り道の寄り道で下車して
思わず小走りに入った
ケーキ屋さんで
カスタードクリームが
みっちりつまってる
大好きなシュークリームを
箱に入れていただいてるとき
シアワセな土曜日の
しめくくりは
やっぱりこれでないとなんて
その手元をみつめてたわたしは多分
満面の笑顔。
先ほどうっとりしながら
いただきました。

そんな楽しい土曜日でした。
[PR]
by miyoshimasako | 2010-05-22 23:22 | そんな一日。